SMILES

「きぼう」日本実験棟における初めての地球環境観測

超伝導サブミリ波リム放射サウンダ (SMILES: Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder) は、世界に先駆けて超伝導技術を搭載した、これまでにない高感度な大気観測機です。SMILESは国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟において初めて地球環境観測を行いました。

SMILES and ISS
SMILESと国際宇宙ステーション
Do you need larger image (1600x981)?

人類のふるさと地球を守る大気

SMILES観測で得られる高感度データは、我々人類のふるさと地球を守る大気の新しい姿を拓きます。また、地球環境診断への貢献が期待されます。SMILESは情報通信研究機構 (NICT) と 宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が共同して開発しました。


新着情報

■2014/7/24
データクイックルックの新データ・バージョンが公開されました。(データクイックルック v3.0.0)
■2013/7/26
SPIE Newsroom に テクニカル・アーティクルが掲載されました。 (リンク)
■2012/3/5
NICTの研究処理観測データを研究者向けに配布しています。 (NICT研究処理データ取得方法(英語版))
■2012/3/5
観測データを一般向けに公開しました。 (報道発表)
(データクイックルック)
■2011/1/19
SMILES は観測ミッションを終了しました。サブミリ波局部発振器の不具合はガンダイオードの故障と結論しました。(詳細)
■2010/5/12
SMILES は、2010/4/21 17:59:55(JST)からの観測中断の原因はサブミリ波局部発振器系の不具合と判明しました。(詳細)
■2010/4/23
SMILES は、2010/4/21 17:59:55(JST)より観測を中断しています。(報道発表)

バックナンバー>>
 


報道発表・報告資料